オリゴ糖と下痢

オリゴ糖の力は強いので下痢になることも…。

オリゴ糖は最近、便秘解消の為のおすすめ素材としてウェブやテレビでも話題となっている。しかし、自然食品とはいえ、摂り過ぎると下痢にもなってしまうので注意が必要です。しっかりと何故オリゴ糖が便秘解消に良いのか、どんな効果効能があるのか、摂り過ぎるとなぜ下痢になってしまうのか、色々な知識を身につけてから毎日の習慣にしていきましょう。
そもそも、オリゴ糖と砂糖の違いをご存知ですか?その大きな違いは、大きさです。オリゴ糖は単糖が複数繋がった糖の事をいいます。しっかりとこれがつながっているので、通常の砂糖の様に消化吸収されにくく、しっかりとカラダの奥まで届くのです。そして、これが腸内に住んでいる善玉菌のエサとなり、カラダの善玉菌が増えたり、強くなったりして腸内環境を良くしてくれます。これによって便秘解消に繋がるわけです。
では、なぜ摂り過ぎると下痢になってしまうのでしょうか。その理由は、難消化性にあります。しっかりと吸収されずに、そのまま排出されるオリゴ糖が、便を軟化させてしまい、ゆるくなってしまうのです。ですので、とり過ぎてしまうと柔らかい便になりすぎて下痢になったり、お腹がゴロゴロ言います。

一日の目安量は、5gです。実際には個人差があるので、5gでも効果を実感出来なければ、少しずつ量を増やしていきましょう。それで、自分に合った量を探して下さい。また、赤ちゃんはまだ腸内環境が整っていないので1gくらいから始めるのが良いでしょう。赤ちゃんから高齢者までしっかりと改善の口コミが多いこのオリゴ糖は、便秘解消には特にオススメですね。色々な種類のものがありますが、その中でも最近ではキシロとガラクトオリゴ糖が最も整腸作用が強い素材として注目を浴びています。


Copyright(C) 2013 オリゴ糖 All Rights Reserved